派遣契約と職場のくい違いを感じる時

派遣社員として働く際に、会社によってどのくらい仕事を任されるのかという業務領域は違うものです。

派遣契約と職場のくい違いを感じる時

派遣で働くときに難しいのは業務の領域

派遣社員として働く際に、会社によってどのくらい仕事を任されるのかという業務領域は違うものです。また、職種によっても業務領域は違ってきます。派遣社員が必要とされる背景には、正規社員が急に不在になるときの代替要員としてか、正規社員を金銭的な問題で雇えないなどいろいろな理由が挙げられます。一方では専門性の高い職種であれば、簡単に正社員として人材が確保できないこともあります。

一般事務職であってもそのカバー領域は職場によって異なります。たとえば商品バイヤーのアシスタント業務ということであれば、資料作成・電話応対・郵便などの事務作業と簡単に見えますが、実は資料作成の中身がデータ分析やプレゼン資料の作成・加工、電話対応であっても取引先との交渉ごとや商品詳細情報の問い合わせなど深い内容だったりと思いのほか専門性の高い仕事内容になっていることもあります。また指導する上司の考え方によっても、任せ方が違います。ある程度管理してあとは業務を主体的に任せるタイプの上司や、逐次報告・相談・指示を行う上司もいます。前者のタイプの上司であればおのずと業務の領域がかなり広くなることが考えられます。派遣スタッフとして働く場合に、どういった働き方を望んでいるかによってミスマッチが起きるのもこういったことが理由です。

依存型のスタッフと、主体型のスタッフが存在するのでまずは初回の面談のときにそのあたりの業務領域について確認しておくことが大切だろうと思います。実際に職場に入ってみて、違和感を感じるのであれば派遣会社を通して相談するのも方法のひとつです。ある程度は、面談の際に空気を感じ取って判断できると思いますので初回の面談ではしっかりとヒアリングするべきです。しかし、実際には派遣社員には専門性を求められることが多いのでプロ意識というのは常に必要とされています。新入社員のようにマナーや礼儀を位置から指導しなくても当然備わっているものと思われますし、求めらる仕事に対しては可能な限り答えていくという心構えも必要です。

Copyright (C)2014派遣契約と職場のくい違いを感じる時.All rights reserved.